<ジャンプを制するものは冬コクを制す:1回小倉2日目>

今年の冬の小倉開催「冬コク」の目玉はなんと言っても、史上初、開幕週から最終週まで8週連続で3鞍ずつ、合計24鞍組まれている障害競走=「ジャンプ競走」です。

障害専用コースを持つ小倉で繰り広げられる熱いバトル。自費で海外の障害競走を取材に行くほどジャンプ大好きの木南友輔記者と、地元小倉出身の井上力心(よしきよ)記者が1回&2回小倉開催の障害競走、全24戦を予想します。

   ◇   ◇   ◇

力心 記念すべき「冬の小倉」の障害競走、最初の土曜4Rはシゲルミズガメザと植野騎手が制しました。

木南 ◎マイティウェイと石神騎手が最後のコーナーでインを狙ってきたときはしびれたけどなあ・・・。やっぱり関西馬は強い。5Rはフィールインラヴとテイエムディランのワンツー。どちらも平地で3勝クラスを走っていた馬。ラストの脚が強烈すぎた。

力心 初日の2鞍、面白かったです。4Rの勝ちタイムは3分13秒4で、5Rは3分10秒3。ペースの違いもあるでしょうし、メンバーレベルの違いもあるでしょうし・・・、同じコースでこんなに時計が違う。勉強になります。

木南 どんどん小倉のジャンプ競走を勉強していこう。ちなみに、小倉芝2860メートルのレースは障害物を何回飛越するでしょうか?

力心 (コース図を見ながら)え~と、スタートして、1号障害をジャンプ・・・。

木南 2号障害をジャンプ、たすきコースで3号障害をジャンプ、バンケットを上って下りて、5号、6号、7号障害をジャンプして・・・。

力心 最初とは逆のまわりで2号障害、1号障害をジャンプして、大きくコーナーをまわって・・・。

木南 ダートコースを横切って、最後の直線で8号障害をジャンプして、栄光のゴールへ・・・。

力心 なるほど。2860メートルでジャンプする回数は9回です。

木南 初歩的なことだけど、こういうのを競馬場ごとに知っておくことも大事だね。

力心 日曜の小倉は4Rに障害未勝利戦があります。僕は持論を貫いて、もう1度、芝短距離戦からの転身組狙いで・・・。◎クルークヴァール、○コスモテキロの2頭に期待します。

木南 俺は◎エーティーラッセン。去年、日経新春杯で◎を打った馬(11番人気3着)なんだけど、先行力が武器。前走は障害初戦で大事に運んでいたけど、最初の障害から飛越センスは感じられた。2戦目で好勝負できると思う。

◆井上力心(いのうえ・よしきよ)1986年(昭61)9月6日、福岡県北九州市生まれ。幼少時に父と小倉競馬場へ行き、競馬の魅力にはまる。ITエンジニア、マーケティングコンサルタント職を経て、日刊スポーツ新聞社の競馬担当へ。好きな馬はサイレンススズカ。

  1. 藤田菜七子騎手まとめページはこちら!
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!