大塚海渡騎手(20)が所属先の木村哲也調教師(48)から暴行を受けたとして、茨城県稲敷署に被害届を提出し、5日に受理されていたことを12日、同騎手の父哲郎氏と代理人弁護士がリモート会見して明らかにした。

哲郎氏は「競馬学校生の厩舎実習中から、19年12月25日までの間に頭部を手拳で殴打されたことが10件ほどありました。そのうち日時、場所等について明確に記憶している2件を主として、被害届を提出しました」と話した。現在、民事訴訟中でもあり、850万余の損害賠償を求めた第1回口頭弁論は20日に水戸地裁土浦支部で行われる。

同騎手は19年3月デビューで、JRA通算178戦3勝。20年1月5日の落馬負傷により療養中。昨年6月ごろの復帰を目指して乗馬を再開していたが、右頭部の慢性硬膜下血腫が悪化したため、昨年いっぱいを休養に充てていた。年明けから筋トレ、乗馬など復帰に向けた訓練を再開している。

木村師に調教師免許を付与しているJRAは「係争中であることは把握していますが、警察による捜査中の事案でもあるので、現時点ではコメントを差し控えたい」としている。

  1. 藤田菜七子騎手まとめページはこちら!
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!