<有馬記念:追い切り>

昨年3着のワールドプレミア(牡4、友道)は、武豊騎手を背にCウッドで軽快な動きを見せた。

有馬記念30回目の参戦となる鞍上は「前半からいい感じで入れて、最後まで気分良く走れていた。前走(ジャパンC6着)はギリギリ間に合った感じだったけど、レースでは頑張って走ってくれた。去年は菊花賞からの参戦だったけど、一生懸命走ってくれた。距離は合っているし、舞台もいい」とレース適性を見込んでいた。

  1. お得な新入会プラン登場!【極ウマ・プレミアム】秋競馬ホクホク!
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】