26日中山でホープフルS(G1、芝2000メートル)が行われる。2戦2勝のランドオブリバティ(牡2、鹿戸)が、前走と同舞台のG1に臨む。

10月の芙蓉Sでは2着に0秒6差をつけての快勝。鹿戸師は「まだ子どもっぽいところがあり、集中力に欠けるので長めの競馬を使ってきたが、意外と体力もある。けいこでふざけたところを見せるけれど、競馬では真面目。ここ2戦同様積極的な競馬になると思う」とレースをにらんでいた。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!