<チャンピオンズC>◇6日=中京◇G1◇ダート1800メートル◇3歳上◇出走16頭

単勝4番人気のチュウワウィザード(牡5、大久保)がJRA・G1初制覇を飾った。勝ち時計は1分49秒3。

断然人気のクリソベリル(牡4、音無)は直線で伸びを欠き、4着に終わった。

道中はエアアルマス、インティの2頭が並んで引っ張る展開。クリソベリルは好位の外を抜群の手応えで追走し、チュウワウィザードは直後でマークして直線に向いた。

大本命が抜け出すかと思われたところで、外から上回る手応えでウィザードが進出。最後は2馬身半、後続を突き放す完勝だった。

殊勲の戸崎圭太騎手(40=田島)は「目標にするクリソベリルがちょうど前にいて、マークできた。追ってしぶとい馬なので外から踏んでいった。馬の力で勝たせていただきました」と笑顔で相棒をたたえた。

2着は後方から差してきた3番人気ゴールドドリーム。3着は10番人気のインティ。昨年の4、2、3着馬が、今年は1、2、3着となった。

馬連(2)(11)は4010円、馬単(11)(2)は1万1170円、3連複(2)(11)(13)は3万5310円、3連単(11)(2)(13)は20万6940円。

(注=成績、払戻金などは必ず主催者発行のものと照合してください)

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!