日曜の東京メインは3冠馬3頭が激突するジャパンC(G1、芝2400メートル、29日)が行われる。カレンブーケドールは僚馬アーモンドアイと同じメニューを消化した。

角馬場で体をほぐして、Aコース周回後に坂路を1本。昨秋の秋華賞から2着が4回も続いているが、実力はG1馬に交じっても見劣りしない。国枝師は「明らかにパワーアップしている。牝馬だが、重厚感というか、どっしりしてきた。あんなのがいるから目立たないけど」と、女王の影に隠れる伏兵の激走を期待する。

  1. 藤田菜七子騎手まとめページはこちら!
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!