カナダからまた朗報が届いた-。21日のウッドバイン競馬場で日本人の木村和士騎手(21)が8RのG3オンタリオダービー、10RのG2ベッサラビアンSを制し、「1日重賞2勝」の活躍を見せた。

オンタリオダービー(オールウェザー1800メートル、出走8頭)は今年のカナダ2冠馬マイティーハートが単勝1倍台の圧倒的な人気を集めた一戦。木村騎手と2番人気のフィールドパス(牡3、M・メーカー、父レモンドロップキッド)は好位のインを進み、直線は逃げるマイティーハートの横から馬群を割って抜け出した。日本人の福元大輔騎手と今年のカナダ2冠を制したマイティーハートだが、この日はラファエル・フェルナンデスとのコンビで4着に沈んでいる。

牝馬限定のベッサラビアンS(オールウェザー1400メートル、出走7頭)は1番人気アーティーズプリンセスで早め先頭から人気に応えている。

  1. コンピ予想バトル開催中!
  2. ニッカンAI予想アプリ