<アルテミスS:追い切り>

ゴールドシップ産駒のユーバーレーベン(牝、手塚)は、柴田大騎手を背に2頭併せ。美浦ウッドで強めに追われ、5ハロン69秒5-12秒6をマークした。

前走札幌2歳Sでは、後方から大外をまくる大味な競馬で首差2着。長くいい脚を使える点が持ち味だ。手塚師は「前走はチグハグな競馬に。(前走+20キロで)体は減って出せると思う。今日は気持ちに余裕を持たせる調教でしまいも脚を使えていた」と話した。

  1. コンピ予想バトル開催中!
  2. ニッカンAI予想アプリ