今週の日曜メインは天皇賞・秋(G1、芝2000メートル、11月1日=東京)が行われる。

フィエールマン(牡5、手塚)はテイエムオペラオー、キタサンブラックに続く3頭目の天皇賞3勝がかかる。調整過程から軽い熱発でオールカマーを回避した影響はなさそう。初コンビを組む福永騎手は、1週前追い切りにまたがり「心臓がいいからケロッとしている。馬に乗ったら3000メートル級を勝ってきた馬に思えない。長く脚を使うので直線の長いコースはいいね」と好感触。5月の天皇賞・春(1着)からのぶっつけローテだが、菊花賞を休み明けで制したように鉄砲は利く。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!