G1・2勝のジャパン(牡4、A・オブライエン)は予備登録していたジャパンC(G1、芝2400メートル、11月29日=東京)を回避することが決まった。共同所有するキーファーズが公式サイトで発表した。

武豊騎手で凱旋門賞に挑む予定だったが、飼料に禁止薬物が混入したとして直前で回避した。その後に参戦した17日の英チャンピオンSでは10頭立ての9着に敗れた。今年は5戦未勝利と精彩を欠いており、立て直して来年に備えるという。

同じく共同所有するブルーム(牡5、A・オブライエン)も現役を続行する。17日のG2ロングディスタンスCでは13着に敗れていた。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!