凱旋門賞8着のディアドラ(牝6、橋田)が、11月20日サヒールのバーレーンインターナショナルT(芝2000メートル)と12月13日シャティンの香港国際競走を候補に調整されることが22日、分かった。橋田師が明らかにした。

「まだはっきりとは決めてないけど、バーレーンと香港に登録しました。凱旋門賞を使って状態が良くなっているので、もう1走させたい」と説明した。現在は英ニューマーケットで調整中。バーレーンインターナショナルTは昨年に新設され、重賞格付けはない。日本馬がバーレーンへ遠征すれば史上初となる。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】