JRAの東京、京都、新潟の3競馬場で10日、ファンの入場が再開された。有観客で行われるのは2月23日以来、約7カ月半ぶり。

東京競馬場の西門には午前9時の開場前には約50人が列をつくった。入場は事前に指定席をネットで予約して抽選に当たったファンに限られ、入場の際にはマスク着用、検温を受けて手の消毒を行う。

神奈川県から来た70代の男性は「待ち遠しかったです。今まで1カ月に3回(東京)競馬場に来ていた。家と競馬場では大違いです」と、入場再開を喜んでいた。

ファンの目の前で行われた東京1R(2歳未勝利)は、3番人気タマダイヤモンド(牝、相沢)が初勝利を手にした。鞍上の津村騎手は「久々にパドックにお客さんを見て、ジョッキーが物見をしていた。無観客に慣れてきていたので、いい刺激をもらいます。ファンがいた方が燃えるので、このまま増えてほしい」と話した。

  1. コンピ予想バトル開催中!
  2. ニッカンAI予想アプリ