<芙蓉S>◇3日=中山◇2歳オープン◇芝2000メートル◇出走9頭

1番人気ランドオブリバティ(牡、鹿戸、父ディープインパクト)が押し切った。

道中は2番手。直線入り口で余裕を持って先頭に立ち、後続に3馬身半差をつけた。勝ち時計は2分1秒2。母や叔父は欧州G1馬、1歳上の全兄は英国でデビューした1戦1勝サトノジャパンという良血。同馬が現2歳世代でディープ産駒の2勝馬一番乗りとなった。三浦騎手は「いい勝ち方。子供っぽさがあるが、厩舎がうまく仕上げてくれた。センスが良すぎる」と話した。次走は未定。

  1. 藤田菜七子騎手まとめページはこちら!
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!