<スプリンターズS:追い切り>

ダノンスマッシュ(牡5、安田隆)は坂路で追い切られ、4ハロン52秒3-12秒6で上り終えた。

安田隆師は「乗った感じで時計を出すように指示していた。元気も良く、走りたがっていたみたいです」と状態の良さを確認した。前走のセントウルSは早めに先頭へ立ち、そのまま押し切った。重賞はすでに6勝している。「G1に手が届くところまで来ているので、(自身が手掛けた)ロードカナロアの子として、早く安田厩舎からG1を取らせてあげたい」と力が入る。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!