カレンモエ(牝4、安田隆)は角馬場で体をほぐした。

「レース後に体が硬くなる馬で、今回も硬くはなっているけどまだまし」と安田隆師。前走の佐世保Sは超ハイペースの中を先行し2着に踏ん張った。「よく走ったと思う。あれは勝った馬をほめるべきです」と評価する。

父ロードカナロア、母カレンチャンも4歳の夏を越して本格化した。まずはここでオープン入りしたい。

  1. コンピ予想バトル開催中!
  2. ニッカンAI予想アプリ