12日にアイルランドで行われたG1メイトロンSを制したシャンペスエリーゼ(牝3、J・ムルタ、父エルザーム)を吉田照哉氏(社台ファーム代表)が購入したと24日、レーシングポスト電子版が報じている。

同馬は昨年は5戦1勝と平凡な成績だったが、今シーズンに入り、4戦無敗でG1初制覇。前走メイトロンSは愛1000ギニー覇者のピースフル、仏オークスとナッソーSを制したディープインパクト産駒ファンシーブルーを破っている。次走は10月3日に英国で行われる牝馬限定のサンチャリオットS(G1、芝直線1600メートル、ニューマーケット)。21年シーズンの終了までムルタ厩舎に所属し、現役を続ける予定になっている。

  1. コンピ予想バトル開催中!
  2. ニッカンAI予想アプリ