JRAは、新型コロナウイルス感染症対策への新たな支援として、3日間開催の最終日となる21日(月)のJRAアニバーサリー当日の売り上げから30億円を拠出すると決定した。

また、6月28日の宝塚記念当日の売り上げから拠出した55億円の支援先を、以下の通り明らかにした。

医療関係機関に対する支援として、競馬場等が所在する15都道府県を通じて30億円、独立行政法人・国立病院機構を通じて10億円、独立行政法人・労働者健康安全機構を通じて5億円。学生に対する支援として、独立行政法人・日本学生支援機構を通じて5億円。社会福祉事業に対する支援として、社会福祉法人・中央共同募金会を通じて5億円。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!