<ブリーダーズゴールドC>◇13日=門別◇統一G3◇ダート2000メートル◇3歳上牝◇出走15頭◇1着賞金3100万円

7歳牝馬が貫禄の走りを見せた。2番人気のJRAプリンシアコメータ(矢野)が、先行策から力強く抜け出して制した。同レースは18、19年ともに2着惜敗。3度目の挑戦で雪辱を果たした。これで同レースが14年に牝馬限定に条件変更されて以降、JRA勢は7年連続の勝利となった。

2番手追走からラスト250メートル付近で先頭に立ち、2着メモリーコウに1馬身半差をつけてゴール。14年サンビスタ以来の同レース勝利となった岩田康騎手は「ハナを切るつもりだったが切り替えて番手に。この馬のペース、リズムを大事にした。この馬で久々の1着はうれしい。今年はけがもありましたが『岩田康誠』を忘れないでください」と笑顔で呼びかけていた。

プリンシアコメータ ▽父 スパイキュール▽母 ベルモントフェリス(アジュディケーティング)▽牝7▽馬主 芳川貴行▽調教師 矢野英一(美浦)▽生産者 ベルモントファーム(北海道新冠町)▽戦績33戦8勝(うち地方13戦4勝)▽総収得賞金2億4145万8000円(うち地方1億6785万円)

  1. コンピ予想バトル開催! 参加者募集中!
  2. ニッカンAI予想アプリ