<小倉記念:追い切り>

マーメイドSを制したサマーセント(牝4、斉藤崇)はCウッドで3頭併せ。後方を走っていたが、直線で内から並びかけるとそのまま抜け出した。

外アマネセール(古馬1勝クラス)に1馬身、中キタサンシンドー(新馬)に1馬身半先着。6ハロン81秒8-12秒6という時計を聞いた酒井騎手は「楽に走っていた。体感よりも速い」と納得の表情だった。先週は息遣いが悪く心配していたというが「それも大丈夫」。ただ「軽い馬場はプラスにならない」と開幕週の馬場を課題に挙げていた。

  1. コンピ予想バトル開催! 参加者募集中!
  2. ニッカンAI予想アプリ