<セレクトセール2020>◇初日◇13日◇北海道・苫小牧市

誰もが驚く落札額だ。国内最大の競走馬セリ「セレクトセール2020」が13日、北海道苫小牧市のノーザンホースパークで行われた。初日の1歳セリではディープインパクト産駒のシーヴの19(牡)が1歳馬史上最高額となる5億1000万円で落札された。落札者は冠名「ショウナン」で知られる国本哲秀オーナー。この日、同産駒は上場13頭中9頭が1億円超え。昨夏、ディープはこの世を去ったが、協奏曲は今年も続いた。(落札価格はすべて税抜き)

今年も“ディープ祭”だった。昨年7月に急逝したディープインパクト産駒は13頭中、12頭が落札された。平均落札価格は2億808万円。5億1000万円の値がついたシーヴの19、4億円のフォエヴァーダーリングの19が平均価格を引き上げた面もあるが、変わらぬ人気ぶりを発揮した。現役時代の同馬を管理した池江泰郎元師は「相変わらずすごく評価されていますね。ディープはいなくなったけど、産駒が活躍して今もこれだけ注目されていてうれしい。今年もディープらしい、素軽い馬が多いですね」と話した。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想アプリ