<セレクトセール2020>◇初日◇13日◇北海道・苫小牧市

無敗で牝馬クラシック2冠を制したデアリングタクトの全妹デアリングバードの19(牝、父エピファネイア)のセリは4700万円からスタートし、4900万円(税抜き)で(株)サラブレッドクラブ・ライオンが落札した。

2歳上の姉デアリングタクト(牝3、杉山)は17年のセレクトセール当歳で主取りとなり、18年のセレクトセールで1200万円(税抜き)で落札された。1歳上のマオノジーナス(牝2、黒岩)は昨年のセレクトセールで700万円(税抜き)だったが、姉2頭よりもはるかに高い金額での落札となった。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想アプリ