<セレクトセール2020>◇初日◇13日◇北海道・苫小牧市

ディープインパクト産駒のフォエヴァーダーリングの19(牡)が4億円(税抜き)で取引された。1億円のお代から、購買希望者の激しい争いがスタート。1000万単位の値上がりに場内はざわめき、最後は冠名「ダノン」の(株)ダノックスが競り落とした。昨年の1歳セリで落札されたミュージカルウェイの18などの3億6000万円を超えて、1歳セリ史上の最高落札額となった。

1歳上の半姉モンファボリは函館芝1200メートルの新馬戦をレコード勝ちし、今週の函館2歳Sで断然人気が予想される快速馬。父がフランケルからディープインパクトに替わり、中距離以上の活躍も期待される。

(株)ダノックスの岡田良樹ディレクターは「血統背景が良く、姉も早い時期に函館で新馬戦を勝っている。オーナーがどうしても欲しいと言っていました。これをいくんだ、と」と話した。

昨年死亡した名馬ディープインパクトは現1歳世代も貴重な存在となっており、4億円という数字になって表れた。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想アプリ