<エクリプスS>◇5日=英サンダウン◇G1◇芝1990メートル◇4歳上◇出走7頭◇1着賞金14万1775ポンド(約1960万円)

女王エネイブル(牝6、父ナサニエル)を管理するジョン・ゴスデン師はエクリプスS2着の走りに「満足しています」と感想を語り、今後については17年、19年に制しているキングジョージ6世&クイーンエリザベスS(G1、芝2410メートル、7月25日=アスコット)を目標にしていくことを明言した。

「エネイブルはゴージャスなレースをしました。私たちはガイヤースの強さを知っています。今日のサンダウン競馬場は偉大な逃げ馬のための馬場になりました。楽にハナを奪ってしまうと、彼はとてつもない馬です。捕まえるのは容易ではありません。コロネーションCでそれを痛感していました。エネイブルは完璧なパフォーマンスを演じてくれたし、いい走りで上がってきました。彼女のここまでに満足しています。フランキー(デットーリ騎手)はあと100メートルが必要だと言っていました。キングジョージ(キングジョージ6世&クイーンエリザベスS)へ向けた土台ができました。彼女は年配の牝馬です。その点も彼女は課題でしたが、美しいレースをしましたし、これ以上ワクワクすることはできません」。

土曜に英国でダービーとオークス、日曜にフランスでダービーとオークス、英国で古馬のエクリプスSが行われ、秋の凱旋門賞(G1、芝2400メートル、10月4日=パリロンシャン)へ向けたブックメーカー各社の単勝前売りオッズも変動した。

これまで絶対的な存在だったエネイブルはエクリプスSの敗戦を受け、コーラル社、ラドブロークス社が7・0倍の2番人気へオッズを修正し、前売り1番人気から陥落。代わって、英オークスを9馬身差圧勝のラブ(牝3、A・オブライエン、父ガリレオ)が1番人気へ。コーラル社、ラドブロークス社は単勝4・5倍のオッズをつけた。

  1. コンピ予想バトル開催! 参加者募集中!
  2. ニッカンAI予想アプリ