<仏オークス(ディアヌ賞)>◇5日=仏シャンティイ◇G1◇芝2100メートル◇3歳牝◇出走11頭

アイルランドから参戦したディープインパクト産駒ファンシーブルー(牝3、D・オブライエン)がG1初制覇を果たした。

直線で内から抜け出し、ブドー騎手の激しいアクションに応えて後続の追い上げをしのぎ、ゴール前の大接戦を短首差で制した。

クールモアグループが母チェンチコヴァを日本へ送り込んでディープインパクトと交配して、アイルランドで生まれた。伯父には英愛ダービー馬のハイシャパラルがいる。2戦2勝で挑んだ前走の愛1000ギニーでは追い込んで2着だった。通算成績は4戦3勝。元騎手のD・オブライエン師は21歳にして仏クラシックを制した。

ディープインパクト産駒は12年の仏オークスでビューティーパーラーが2着に敗れている。仏ダービー(ジョッケクルブ賞)では18年に産駒スタディオブマンが勝利している。

  1. コンピ予想バトル開催! 参加者募集中!
  2. ニッカンAI予想アプリ