韓国の釜山慶南競馬場で5日、韓国産3歳3冠1冠目のKRAカップマイル(韓国G2、ダート1600メートル)が行われ、3番人気タッチスターマン(牡、キム・ヨングァン)が中団追走から直線で抜け出した。勝ちタイム1分39秒3はレースレコード。

同馬は7戦4勝で重賞初制覇。父が日本で12年フェブラリーSなどを制したテスタマッタ、母が11年韓国オークスなどを制したウスンタッチという血統で、14年に韓国で種牡馬入りした父は3年目産駒で重賞初制覇を果たした。

レースは当初、4月5日に予定されていたが、韓国では2月23日から競馬開催が中断。6月19日に無観客で再開され、約3カ月遅れで実施された。2冠目の韓国ダービー(韓国G1、ダート1800メートル)は8月2日、3冠目の農林畜産食品部長官杯(韓国G2、ダート2000メートル)は同30日にソウル競馬場で行われる予定。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想アプリ