夏の福島開幕週を飾る3歳重賞ラジオNIKKEI賞(G3、芝1800メートル)が5日に行われる。

コンドゥクシオン(牡、中舘)は、昨年6月30日に今回と同舞台でデビュー勝ち。前走青葉賞(12着)は積極的に前々で運んだが、大外18番枠から位置を取るのに脚を使ったことで、後半は粘りを欠いた。福島、中山で勝利経験がある通り、小回りコース替わりは歓迎。全2勝いずれも重、不良馬場でのもので、タフな馬場状態ならなお浮上の余地がありそうだ。

中舘師は「何事もなく順調に来ています。前走に関しては、枠も大外で距離も長かった。メンバーも強かったし、(後ろから)早めに来られてしまった。今回は新馬戦で勝った舞台。平たんもいいし、行く馬も多そうなので競馬はしやすいと思います。ある程度前半流れて、タフなレースになれば出番はあると思います。昨年の今頃よりも体がしっかりして馬も大人になった。強い馬はいますが、ここでどれだけやれるか楽しみです」と話した。【井上力心】

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想アプリ