<愛ダービー>◇27日=カラ(アイルランド)◇G1◇芝2400メートル◇3歳牡牝◇出走14頭

サンティアゴ(牡3、A・オブライエン、父オーソライズド)が人気に応え、愛ダービー馬に輝いた。鞍上はシェーミー・ヘファーナン騎手で勝ちタイムは2分38秒17。管理するエイダン・オブライエン師は昨年のソヴリンに続く連覇で、愛ダービー14勝目となった。

6頭出しだったエイダン・オブライエン厩舎が上位4頭までを占めた。残り400メートルで先頭に立ったサンティアゴが押し切り、最後に頭差まで詰め寄ってきたのはタイガーモス(牡3、父ガリレオ)。2着から5馬身差の3着にドーンパトロール(牡3、父ガリレオ)、4着にオーダーオブオーストラリア(牡3、父オーストラリア)が入った。

エイダン・オブライエン師の盟友であり、長らく厩舎のセカンドジョッキーを務めるヘファーナン騎手は愛ダービー4勝目。史上3人目の女性騎手騎乗となったレイチェル・ブラックモア騎乗のキングオブスローン(牡3、E・マリンズ、父ハードスパン)は11着だった。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想アプリ