土曜東京1Rの2歳未勝利戦(芝1600メートル)は藤田菜七子騎手を背にジュラメント(牝、根本、父キズナ、母ダイワジャンヌ)が逃げ切りました。2着にアップリバー(牝、牧)が入ったので、開幕週の牝馬限定戦(芝1600メートル)で2、3着だった馬がそのままの順番でワンツーを決めたことになります。

この結果から浮かんでくるのは開幕週の牝馬限定戦を勝った馬の名前。サトノレイナス(牝、国枝、父ディープインパクト、母バラダセール)です。緩い馬場でなんとか差し切ったようにも見えましたが、破った馬たちが次走をしっかり走ったことで、能力が確かなことを認識させられます。

ジュラメントはJRAブリーズアップセール出身の即戦力。根本師は「いい時計を出していた馬。馬体的には小柄だけど、根性があって、全体的なバランスも整っている。初戦で負けた後、ここを使いたいということだったけど、馬体が戻って、プラス体重で出られたのが良かったね」と笑顔でした。今後は放牧に出て、その後の様子を見て、オーナーと次走を決めていくようです。

2着アップリバーの石橋騎手は「ペースに対応したし、脚も使ってくれたけど・・・。勝ちたかったですね」、4着ショベルヘッドの木幡育騎手は「ちょっとまだ幼いですね」と振り返っていました。

5Rの新馬戦(芝1800メートル)は一昨日の当欄(POG記事)でお伝えしたスライリー(牝、相沢、父オルフェーヴル、母ビジョナリー)、ジェミニテソーロ(牡、栗田、父ヴィクトワールピサ、母ラグジャリー)がワンツーを決めました。厩舎、血統とも魅力にあふれる2頭。今後が楽しみです。【極ウマPOG取材班】

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想アプリ