池江厩舎のドゥラメンテ産駒牝馬、ダノンシュネラが、7月11日(土)阪神芝1600メートルの牝馬限定戦でのデビューを目指している。鞍上は川田騎手の予定だ。

19年セレクトセールで1億6500万円(税別)で落札された期待馬。母ラッドルチェンドの半弟にはリアルスティール、半妹にはラヴズオンリーユーとG1馬がおり、血統的な魅力も十分だ。25日はCウッドで6ハロン80秒5-12秒1。3歳未勝利のサトノマッスルを6馬身追走し首差遅れたが、上々の動きを見せた。

池江師は「最後はアップアップだったけど、タイムが速いのでしょうがない。80秒台ならまずまず合格かな。ラストも12秒でまとめているのでね。来週は楽になってくると思う。体重は500キロくらいあるかな。気性も難しいところは見せてない」と話しており、このひと追いでさらに上昇しそうだ。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想アプリ