<エクリプスS:1週前追い切り>

7月5日に英サンダウン競馬場で行われるエクリプスS(G1、芝1990メートル)に出走を予定しているディアドラ(牝6、橋田)が24日、マーフィー騎手を背にニューマーケットで追い切られた。

新型コロナウイルスの影響で現地には行けないが、現地スタッフからの報告とともに毎日動画を見ているという橋田師は「現地には行けないが、順調に来ています。アスコットは何度も走っているけど、ロンシャンとアスコットはそんなに似ていない。サンダウンの方がロンシャンに近い。いろんなコースを試しているが、今回は違うコース。ヨーロッパのコースは非常に難しいので耐えられるように馬をつくっていかないといけない。今回のコースはいい経験になると思う」と期待した。

同レースには、凱旋門賞3勝目を目指すエネイブルや連勝中のガイヤースなど強力なメンバーがそろう。トレーナーは「最終的に一番強いメンバーのレースになった。馬券発売もあるし、日本のファンの皆さんにエネイブルもガイヤースも見てもらえる。いいんじゃないかな」とレースを心待ちにしている様子だった。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想アプリ