九州1歳市場(主催・九州軽種馬協会)が23日、インターネットオークションの形式で行われた。19頭が上場され、9頭が落札された(10頭が主取り)。売却総額は2876万5000円で、前年の2052万円から大幅にアップした。

最高額で落札されたのはハニーダンサーの19(牝1、父カンパニー)で550万円だった。熊本県の本田土寿牧場の生産馬で、半姉は13日に阪神芝1200メートルの新馬戦を勝ったヨカヨカ(牝2、谷、父スクワートルスクワート)。近親にはジャパンCを勝ったピルサドスキー、秋華賞、エリザベス女王杯を勝ったファインモーションがいる。

JRAはレディプリンセスの19(牡1、父ケイムホーム)、トワイスアップの19(牝1、父カレンブラックヒル)の2頭を落札。この2頭はJRAの育成牧場で育成され、順調に育成が進めば、来年のJRAブリーズアップセールに上場されることになる。

  1. 回収率100%超!絶好調記者ほか全予想陣の印が見られる!
  2. 【POG2021】厳選100頭リスト!須田鷹雄と記者の推奨馬も!