<東京5R>◇13日=東京◇2歳新馬◇芝1400メートル◇出走13頭

フランケル産駒ノックオンウッド(牡、堀)が不良馬場の中、1番人気に応えてデビュー勝ちした。

好スタートを切って2番手につけると、直線では逃げ粘るレオテソーロをゴール前で首差捉えた。勝ち時計は1分26秒8。

レーン騎手は「レース前はテンションが高かったが、返し馬で落ち着いた。ゲートをうまく出て、外の馬にかぶせられたけど、すごくリラックスしていた。直線の反応は良かったが、初めての競馬で最後の瞬発力を発揮するまでに少し時間がかかった。次にこの経験が生きてくる」と振り返った。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!