日本騎手クラブは12日、新型コロナウイルス感染症対策への寄付を行ったと発表した。4月11日から各騎手がJRAのレースに1回騎乗するごとに1000円ずつ積み立ててきたもの。

5月31日までの積立金を、茨城県「新型コロナウイルス感染症対策医療従事者応援金」、滋賀県「滋賀県がんばる医療応援寄付」へ送った。それぞれ384万2000円ずつ。基金の積み立ては当面の間、継続される。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!