<安田記念:追い切り>

オーストラリア帰りのダノンプレミアム(牡5、中内田)は坂路で単走追い。4ハロン52秒5-12秒3をマークした。

中内田師は「先週の時点で動きは良かったですし、今日は坂路でさっとやりました。体に少しボリュームがでたし、精神的にも海外を経験しているので心身ともに成長しています」と納得の表情だった。素質を評価されながらも、G1制覇は朝日杯FSにとどまる。ここで殻を抜け出すか。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想アプリ