無敗の2冠馬コントレイル(牡3、矢作)は秋に神戸新聞杯(G2、芝2200メートル、9月27日=中京)、菊花賞(G1、芝3000メートル、10月25日=京都)、ジャパンC(G1、芝2400メートル、11月29日=東京)の3戦を視野に入れる。3日に矢作芳人調教師(59)が「もちろん疲労を見ながらだけど、自分の頭の中では、この3戦かな」と見通しを示した。

5戦全勝でダービーを制し、今後は栗東で1週間ほど様子を見た上で鳥取県の大山ヒルズへ放牧に出される。念のために受けたエックス線検査でも異常は見られなかったという。「まずはひと安心。想像通りというか、想像以上の走りをしてくれた。伸びしろがあるのは間違いない」(矢作師)。オルフェーヴル以来9年ぶり史上8頭目のクラシック3冠制覇へ向けて、まずはリフレッシュをはかる。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想アプリ