17年ドバイワールドCを優勝した米のG1・4勝馬アロゲート(牡7)が病気のため死んだことが2日、分かった。同馬をけい養するジュドモントファームがHPで発表した。先週から原因不明の体調不良となり、回復の見込みがたたないことから2日朝に安楽死の処置がされた。

同馬は3歳4月にデビュー。体質の弱さなどもあって米3冠競走とは縁がなかったが、デビュー5戦目で重賞初挑戦となった16年の米G1トラヴァーズSでは、同年のベルモントS優勝馬クリエーター(7着)、プリークネスS優勝馬エグザジュレイター(11着)を従え、2着馬アメリカンフリーダムに13馬身半差をつけてG1初制覇を達成した。

その後、主戦となったマイク・スミス騎手と快進撃を続け、次戦のブリーダーズCクラシックではカリフォルニアクロームを半馬身下し、3着にはさらに10馬身差3/4以上をつける圧倒的なパフォーマンスを披露。16年の「ロンジンワールドベストレースホースランキング」では134ポンドを獲得して、世界1位の評価を受けた。

翌17年はペガサスワールドCを制し、続くドバイワールドCでは日本馬アウォーディー、ラニ、アポロケンタッキー、ゴールドドリームなどを相手に楽々とまくりを決めてG1・4連勝を達成。世界最高獲得賞金馬(当時)となっていた。連覇を狙った17年ブリーダーズCクラシック5着を最後に、現役を引退。ジュドモントファームで種牡馬入り後、3世代の種付けを行っていた。

ジュドモントファームのギャレット・オロークGMは「アロゲートのことは絶対に忘れることはないだろう。若くして彼を失った悲しみを、彼の産駒たちの活躍を見て少しでも和らげることができればと思っている」とコメントした。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想アプリ