<ダービー:追い切り>

弥生賞2着からダービー1本に絞ってきたワーケア(牡、手塚)は美浦ウッドチップコースの3頭併せで追い切られた。嶋田騎手(レースはルメール)を背にコーナーではリラックスした走り。先行する外ニシノコトダマ(古馬2勝クラス)、追いかけてきた内フィリアーノ(古馬1勝クラス)と直線入り口で併せる形となり、鞍上がうながすと、力強く前へ出た。最後は2頭を従えるように1馬身先着し、大一番へ向けた態勢は整った。

手塚師は「帰厩してから(稽古を)やるたびに動きに余裕が出てきている。今日は走りやすい馬場だったし、やることはやりました。状態はすごくいいと思います」と自信を見せた。

「2頭(コントレイル、サリオス)は強いのでどのくらいやれるかですね。コントレイルに対してはホープフルS(3着)のときに着差ほど差はないと思ったけど、その後、ワーケアは弥生賞2着で、皐月賞の結果があるので・・・。ルメール騎手は東京がいいと言っていて、中山だとコーナーで加速ができない。今の東京は時計が速いので、能力差があれば後ろから追い込めるけど、コントレイルの後ろからじゃ届かないかもしれない。どういう競馬になるのかはルメール騎手次第だと思います」。レースへ向け、ワーケアの能力、ルメール騎手へ信頼の言葉を寄せた。

  1. 藤田菜七子騎手まとめページはこちら!
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!