今週は競馬の祭典、日本ダービー(G1、芝2400メートル=31日、東京)が行われる。

皐月賞5着サトノフラッグ(牡、国枝)は火曜朝、南の角馬場で体をほぐしてから坂路を軽快なキャンター(4ハロン66秒2)で駆け上がった。水曜の最終追い切りはウッドで併せ馬を行う予定。国枝師は「順調にきていますよ。明日はしまいをいくらか伸ばす感じで、自然に時計を出せれば」と追い切りの狙いを語った。「東京に替わるのはプラスだと思う。あの2頭(コントレイル、サリオス)が強いのは間違いない。皐月賞は2番人気にしてもらったけど、3強の1頭になるよりも2強に挑む構図の方がやりやすい。(武豊騎手とのコンビ復活は)心強いし、いいイメージしかない」と反撃を期待する。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想アプリ