今週は競馬の祭典、日本ダービー(G1、芝2400メートル=31日、東京)が行われる。

弥生賞2着から皐月賞をパスして臨むワーケア(牡、手塚)は火曜朝、美浦南馬場のAコース、Cコースをゆっくりと周回した。

見守った手塚師は「間隔が空いた分、帰厩当初は余裕があったけど、稽古をやるたびに良くなっている。最終追い切りは3頭併せの真ん中にしようかなと考えています」と話した。「皐月賞は使いたいのは使いたかったが、使うとダービーがどうなのか、気になるところがあった。独特な歩様の馬だけど、柔らかさがあって、雰囲気が良くなったし、ここ2週しっかり追えている。弥生賞のときよりいい状態だし、今回は大一番なのでしっかり仕上げたい」と悔いのない状態で送り出す気持ちだ。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想アプリ