オークスを快勝し63年ぶりに無敗の牝馬2冠を達成したデアリングタクト(牝、杉山晴)はレースから一夜明けた25日、栗東の自馬房で過ごした。「疲れはあるんでしょうけど元気です」と池水助手は安堵(あんど)の表情だった。

直線に向いた時には前に馬群が広がる厳しい競馬をしのいだ。「マークされて厳しい競馬だったけど良く勝ってくれた。毎回クリアしなければならない課題があったけど、想像以上の走りで乗り越えてくれています」。今後は夏休みに入り、秋華賞(G1、芝2000メートル、10月18日=京都)で牝馬3冠を目指す。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想アプリ