大井競馬場(東京・品川区)の誘導馬が25日午前11時ごろ、高さ1・6メートルの厩舎2号門を跳び越えて公道に逃走し、約1・5キロ北の八潮橋交差点でワンボックスカーと衝突した。

車のガラスが割れ、運転手が負傷した。出血して治療のため競馬場に搬送された馬は、現役時代に13年オーバルスプリント(統一G3)など49戦17勝を挙げたセイントメモリー(せん13)。また、門を跳び越えた際、ガードマン1人が軽傷を負った。

主催者のTCK特別区競馬組合は「被害に遭われた方に深くおわび申し上げるとともに、近隣住民の方に不安を与えましたこと、深くおわび申し上げます。今後、本件の原因の究明と再発防止に努めてまいります」とコメントした。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】