忘れな草賞を制したウインマイティー(五十嵐)は、距離延長を歓迎するタイプだ。

五十嵐師は「使うごとに学習して頭がいい馬。パッと好位につけられる。内の4、5番手くらいのイメージかな。少し時計がかかる方がいい」と本番をイメージしていた。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想アプリ