<ヴィクトリアマイル>◇17日=東京◇G1◇芝1600メートル◇4歳上牝◇出走16頭

クリストフ・ルメール騎手(40)が騎乗した断然の1番人気アーモンドアイ(牝5、国枝)が圧勝し、芝のG1通算7勝目(うち海外1勝)となり、日本馬最多タイとなった。

好スタートから好位を進むと、最後の直線の残り200メートル付近で楽な手応えで抜け出し、後続を4馬身突き放した。勝ちタイムは1分30秒6。

2着に4番人気サウンドキアラ(牝5、安達)、3着に5番人気ノームコア(牝5、萩原)。

ルメール騎手は「アーモンドアイ大人になりましたので、乗りやすかったです。いいポジション取れましたし、マイペースで走ることができました。これから負けないね。もうレジェンドホース」と褒めちぎった。

アーモンドアイは18年に桜花賞、オークス、秋華賞の牝馬3冠を制し、ジャパンCも勝ち、同年の年度代表馬を受賞。19年はドバイターフ、天皇賞・秋を優勝。有馬記念で9着に敗れて以来、中146日での出走だったが、見事に巻き返した。国内外で芝のG1・7勝はシンボリルドルフ、テイエムオペラオー、ディープインパクト、ウオッカ、キタサンブラック、ジェンティルドンナに続いて7頭目。

馬連(12)(18)750円、馬単(12)(18)950円、3連複(12)(16)(18)2960円、3連単(12)(18)(16)7340円。

(注=成績、払戻金などは、必ず主催者のものと照合して下さい)

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. 極ウマくんの星占い