英国競馬は6月1日から無観客での競馬再開を目指している。BHA(英国競馬統括機構)は暫定のレース日程を発表しており、6月5日に今年最初の平地G1、コロネーションC(芝2400メートル)が予定されている。

コロネーションCは例年、英ダービー前日にエプソム競馬場で行われる古馬のG1だが、ニューマーケット競馬場で予定されている。同6日にはクラシック初戦の英2000ギニー(G1、芝直線1600メートル、ニューマーケット)、7日には牝馬のクラシック初戦、英1000ギニー(G1、同)が行われる予定となっている。

BHAは15日、6月5~7日に行う予定の最初の3つのG1競走(コロネーションC、英2000ギニー、英1000ギニー)について、外国調教馬の参戦を認める方針を発表。これにより、アイルランドのエイダン・オブライエン厩舎などの参戦が可能となった。

BHAが発表した暫定のレース日程では王室主催のロイヤルアスコット開催は6月16~20日の5日間開催。英ダービーと英オークス(いずれもG1、芝2410メートル、エプソム)が7月4日、エクリプスSが7月5日となっている。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想アプリ