93年の皐月賞馬ナリタタイシンが、13日に繋養(けいよう)先のベーシカル・コーチング・スクールで死んだ。30歳だった。老衰とみられる。

92年に栗東・大久保正陽厩舎からデビューして、翌93年の皐月賞を武豊騎手の手綱で勝利した。同期のウイニングチケット、ビワハヤヒデとともに世代3強を形成した。通算成績は15戦4勝(重賞3勝)。95年の宝塚記念を最後に種牡馬入りした。

種牡馬引退後から繋養していたベーシカル・コーチング・スクールの高橋司代表取締役は「種牡馬を引退した時に先代のオーナーからお話があって、ウチにいてもらうことになりました。最近は(高齢で)目立って全身の肉づきが衰えて、馬房で寝ていることも多くなっていました。開業した頃からいてくれたマスコットホースのような感じ。『タイシン、長くいてくれてありがとう』と言いたい」と追悼した。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!