<桜花賞:追い切り>

シンザン記念制覇から直行で挑むサンクテュエール(牝3、藤沢和)は美浦坂路を悠々と駆け上がった。

古馬を追走し、2馬身先着。時計は4ハロン54秒4-ラスト12秒5と平凡だが、まったくの馬なりでマークしたもの。馬体はシャープに仕上がっている。藤沢和厩舎は昨年グランアレグリアに続く連覇の期待がかかる。藤沢和師は「動きはいつもどおり。気がいい馬ですし、休み明けだけど、順調にきています。昨年は素晴らしい馬で勝たせてもらった。今年もタイプは違うけど、素晴らしい馬」と自信を持って送り出す。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. ニッカンAI予想アプリ