<桜花賞:追い切り>

マジックキャッスル(牝3、国枝)は美浦ウッドの3頭併せで本番前の脚慣らしだ。先行した外デュアルネイチャー(未勝利)、中パイネ(未勝利)の内から並びかけ、楽な手応えで併入した。

1勝馬だが、敗れた3戦はいずれも2着。サフラン賞はマルターズディオサ、ファンタジーSはレシステンシアに迫っている。母ソーマジックは大波乱となった08年の3着馬(1着レジネッタ、2着エフティマイア)で侮れない1頭だ。

国枝師は「先週しっかり負荷を掛けているし、今朝は半マイルから前2頭に並ぶ形。掛かることなく、折り合っていた。気になるところはないです。輸送もファンタジーSで問題なかった。ペースが流れてしまいが生きる流れになれば」と話した。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. 極ウマくんの星占い