<大阪杯:追い切り>

18年ダービー馬ワグネリアン(牡5、友道)が坂路で4ハロン54秒6-12秒9。軽快な動きを披露した。友道師は「今週は息を整える感じ。反応も良かったし、調教後の息の入りも良かった」と状態は良さそうだ。

昨年のジャパンC以来、約4カ月ぶりの実戦となるが、「2月半ばにトレセンに戻ってきた時から、良い感じで、ふっくらしていた。ここまでも順調で調教もうまく出来ている」と休み明けでも力は出せる仕上がりだ。昨年3着からリベンジとなる今年の大阪杯。「競馬に行くと100%以上の走りをしてくれるし、しまいも伸びてくれる。5歳とひとつ年をとり、馬は良くなっている。昨年以上のパフォーマンスをしてくれると思う」と意気込んだ。18年神戸新聞杯以来約1年半ぶりの勝利へ、ダービー馬の意地が見られそう。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!