<ミモザ賞>◇31日=中山◇3歳牝1勝クラス◇芝2000メートル◇出走11頭

4番人気ウインマリリン(手塚)が制した。好位馬群から直線で力強く抜け出した。やや重の勝ちタイムは2分2秒5。

横山武騎手は「乗った感じでは新馬戦の方が背中をうまく使えていましたが、それでもこういう勝ち方ができるのだから能力がある。距離は延びれば延びるほどいいです」と会心の笑み。手塚師は「(雪で)スライドしたので馬体に余裕があったのは誤算。勝ち切ってくれて良かった」と頬を緩めた。次走はオークストライアルのフローラS(G2、芝2000メートル、4月26日=東京)へ。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. 極ウマくんの星占い