小雨降る栗東トレセン。午前4時5分、モズスーパーフレアが坂路へ。馬場の悪さを気にする様子もなく、軽く駆け上がった。竹中助手は「すごく雰囲気がいい」と満点評価だ。

25日の最終追いは、馬なりで坂路4ハロン48秒9-12秒4。その日の1番時計で、自己ベストも更新した。昨年の高松宮記念前も時計は出たが、馬の中身が違うという。「去年は中2週だったのに調教をやり過ぎた。今回は気分よく走らせてあの時計。馬の出来が違う」。今年は中7週、しっかり仕上がった。

枠番は8枠16番。枠順決定後の金曜朝、松若騎手は「やることは決まっている。びゅんびゅん行く。見とってください」と言った。陣営の万全仕上げと鞍上の決意。今年は、止まらない。

  1. 有料版極ウマ・プレミアムとは?
  2. 極ウマくんの星占い